検索システムにあると嬉しい機能
「自称」検索マニアが、ほぼ毎日使っているサイトで
提供されている”大変はかどる”検索機能を頼まれてもいないのにご紹介っ!


あ、いつも使っているサイトは大変マニアック(笑)のため
一般的なサイトで役に立つ機能かどうかはわかりません。。

ただ、一部業界には確実にニーズがあると思います。
実際提供されている機能なので。

システム担当の方、これは!というのがありましたら
ぜひぜひ実装 (*´Д`)人 オネガイシマス。


複数の呼称から調べられる


・1つのモノでも複数の名称がある
・昔と今では違う呼び方をする


同義語のような感じで、同じモノを指しているのに
表記が異なる場合
があります。

一意に特定しやすそうなメーカーの型番でもです。

tenkyo.jpg

具体的な例を挙げると、某メーカーの型番体系は
012ABC
12-ABC

のように、頭にゼロをつけて表示するタイプと
ゼロを除いた上で、ある規則に従って名称がハイフンで区切られるタイプの
2通りがよく見られます。

この2つはまったく同じ製品を指しています。


サイトによって、どちらかの表記でしか
調べられないことがあります。

そのため、「Aサイトはゼロありタイプ」
「Bサイトではハイフンありタイプ」を知らないと
検索結果がまったく出てこなくなり、お探しの商品は
ありませんでした。ということになってしまいます。


ところが、よく行くサイトの一つでは
どちらの表記を使っても調べることができます。

なぜか?

データベースのレコード
「その他の名称」という、言い換え一覧のフィールドを持っているからです。

もちろん「その他の名称」一覧も検索結果に出てきます。


「その他の名称」では、企業の買収などで
製品の番号体系が全く変わってしまった場合の
”過去の名称”も収録されていて、昔の名前からでも探すことができます。


昔過ぎてもう手に入らないよー(>-<;)と思ったら
新しい名前になってて、問題なく入手できちゃった!ってこともあります。


※図書館でいうと、典拠ファイルがしっかりしてるって感じですかね???
「典拠」についてはこのあたりご参照ください。
第3回 典拠ってなんだ|国立国会図書館―National Diet Library
典拠 異名同人(ダイジェスト第23回) (TRC データ部ログ)



似たものの検索がしやすい


「特定の条件さえ満たしていれば何でもいい!」
という依頼をよくいただきます。

他にも
「コレが良いけど今たまたま貸出し中だから、同等の資料を」
というケースもあります。


そんな時に役立つのが「類似検索」の機能です。

ruizi.jpg

私がよく行くサイトの1つは、検索結果の詳細ページで
スペック表のわきに、チェックボックスがついていて
必要な属性を持つほかの製品を、その場で調べることができます。


絞り込み検索の逆で、徐々に条件を緩く(時に狭く)が
自在にできるのでとても便利です。


加えて、私のように業界知識がなくても
他社の似たような代替品をカンタンにリストアップ
してしまえます。


検索範囲を指定できる


「1990年から1999年の資料」のように範囲を指定できる機能です。

え?当たり前にあるじゃんって?
それが年代以外ではうまく機能していなくて苦戦するケースがあるんです。

narabi.jpg

上の図にあるように、とても小さい値から
めちゃくちゃ大きい値までをもつ製品群があった時に

1、10、100、1k(=1,000)、1M(=1,000,000)


のように大きい数は略称で表記されることがあります。


そんな時も、良いサイトは小さい順(大きい順)に並べてくれますが
いけてないサイトは機械的に並べているため、
先頭の文字が1先頭の文字が2→・・・のように
大きい数値と小さい数値が混在して表示されてしまいます。


使う側からすると、機械的な並べ方はすっごくやりにくいです。
「2ケタの数だけ」といった条件でも、必要な数値を
飛び飛びで調べないといけないからです。

範囲が少し広いと気が遠くなってしまいます。


レスポンスが早い


目に見える機能ではないですが、
検索ボタンを押した後に結果がささっと返ってきてくれると
とてもうれしいです。

散々待った挙句「結果0件です」となったり
果てはブラウザごと落ちてしまった日には、もぅ…



結論!特徴的な検索機能があるサイトを使うよ


さて、これまで上げてきた機能はすべて別々のサイトの機能です。
私的にはばすべての機能を網羅したサイトがあれば
言うことないのですが、なかなかそうもいきません。

それぞれのサイトのポリシーもあると思いますし。

なので、現状は状況に応じてこれらサイトを使い分けています。
というより、これらサイトをすべて開いて検索していることが
多いです(笑)


Aサイトで所在を確かめて、Bサイトで類似品を比較して
Cサイトで安価に入手、みたいなことも。



検索システムの関係者様いつもありがとう!


ありがたいことに、これらいつも行くサイトは
検索機能や画面レイアウトが頻繁に更新されています。

特別の告知もなくある日突然に結果一覧で
製品のプレビュー画像が見られるようになっていたりと
地味に便利になっています。

データを集めたり、整えたり、探しやすくしたりと
そのご苦労は想像もつかないですが
ありがたく使わせていただいています。


おかげ様で、検索機能がすごいだけなのに
 良く見つけたねー
 早いね!
なんて、お褒めの言葉をいただいたりすることも。
完全に私の力じゃないし(笑)


素人がわずかながらお役に立てるのは素敵な検索システムの
おかげです!

これからもバージョンアップをぜひぜひ
よろしくお願いしますっm(_o_)m



今回の記事は、酒井さんのこちらの記事を見て
書いてみました。

検索システムを選ぶポイントってなんだろ?
 → あると嬉しい機能があることかな
 → 嬉しい機能ってなんだろ?ってことで

情報検索、プロの視点。/スマートワークス株式会社: 息抜き記事-GPI (Global patent index)をピンポイントで褒め称える
【2014/09/04 03:46】 | ツール | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
◆検索◆ラーメンでわかる論文検索がちょっと面白かった◆しよう◆
Web of Scienceのプロモーション動画が、情報検索で大事なポイントを
押さえてるんじゃないかなーと私の中で話題に(笑)


第1話 ラーメンでわかる論文検索、Web of Ramen 出会い編 - YouTube



サービス自体の特徴は、下記の
プレスリリースなどで確認いただくとして、動画の中で
いいなぁと思ったセリフとその理由を下記にまとめてみました。

リバネスとトムソン・ロイター、学術コミュニティ向けの新しいコラボを発表 - トムソン・ロイター



調べようとしているサイトや情報源についての知識があるのは大事!


先輩が後輩に、役立つ情報源と使い方を教えてあげる、というこの動画ですが
後輩君も結構いい線いってんじゃん、というのが私の感想です(笑)。


その理由は・・・

俺のまわりは大体これ(ラーメンのサイト)ですね


=ある主題について調べるサイトを知っている!
検索エンジンで闇雲に調べるより、専門サイトを知っていると
検索の効率が大いに上がるからです。

ラーメン(これから調べようとする主題)について、専門サイトを知っている
これだけでもすごい!


しかも2つも候補が出てた!
複数の専門サイト(情報源)を知っているのもポイント高いと思います。


ヒットする件数は多いけどなんか信憑性がない


=情報源にある情報の「質」を理解している!
検索結果の傾向を理解している、というのも強いと思います。


結果までをなんとなく予想できることで
調べ物の優先順位をつけたり、出てきた結果の「質」を考えて
裏付け調査の有無を検討することができるからです。


雑誌記事の検索した場合、

 ・あ、この出版社ならこの分野の老舗だから有用じゃない?
 ・でもこの雑誌は私みたいな初学者向け記事が多いから
  依頼者には物足りないかも(一応結果としてお渡しするけど)

という判断がついたりして。



醤油味のラーメンしか出てこないじゃん


=主題を絞り込んださらにニッチな情報源を知っている!

ラーメンの中のさらに醤油!まで絞り込んだ情報源って
意外とあったりします。

これから正に調べようとしている主題に合致するときは
もう言うことありません。


論文を書いたり特許を取る場合は「網羅的」に調べることに
重きが置かれます。


反対に”何でもいいから早く条件にあうものがほしい!”といった
「素早さ」を求められる場合は、こういったニッチな情報源を
知っていることが非常に役立ちます。
結果をより早く提供することができるからです。


ちなみに雑誌などは、特に技術的な内容だと
「こんなニッチなテーマの雑誌があるのね?!」ってのがたくさんあります。


どれだけマニアックな雑誌があるかは、メディア・リサーチ・センター株式会社が出版している雑誌新聞総かたろぐ
見ると面白いんじゃないかな?日本の雑誌限定ですが。

ここで簡単な検索もできます。
(アダルトカテゴリもあるよw)
雑誌新聞総かたろぐWeb検索 - メディア・リサーチ・センター株式会社


今回の場合、醤油以外のラーメンを知りたいときには
何の役にも立たないかもしれませんが…



こちらは先輩のセリフより

厳選されたランキングサイト


=検索結果の内容を目的に応じて並べ替えられる

ここは正直理由をムリヤリ作りました(笑)。
情報源のデータベースの機能によるところもあるので。


一概には言えませんが、検索結果の集合を、目的に応じて
並べ替えが自分でできるか
、という能力も検索に必要かなー、と。


並べ替える=それぞれの情報の重みを理解している、と考えられるためです。

塩・味噌あらゆるジャンルに対応


=情報源が網羅している範囲を理解している!
「醤油味のラーメンしか…」と同じ感じですが、
情報源ごとに収録データのカバー範囲を理解しているところも大事です。


情報源がカバーしている範囲を理解していないと、
うどん屋さんでラーメンを一生懸命探す事態になってしまいます。

うどん屋さんでは、ラーメンがメニューに含まれる可能性や、
そのバリエーションは極端に制限されてしまいます。

ラーメン屋さんがなくて、ラーメンを食べたいなら、
(いろんなメニューがあるであろう)ファミレスに行ったらあるかな?という感じで。


過去100年分のラーメン情報が蓄積


=情報の収録範囲を理解している!
これも重要ポイント。

データベースとしては優れているが、数年前に更新が止まってる。
という情報源もよくあります。

ラーメンで例えると
・結果に出てきた店舗はもう閉鎖されている
・メニューからなくなっている

というケースも考えられるからです。


もちろん、過去のラーメンの傾向など調べる場合は
十分使える情報源となります。



さて、この動画は全3話らしいんですが、
1話の終わり方からすると、次は人物検索がテーマかな?


続編もちょっと楽しみです。




こちらの記事で知りました
トムソン・ロイター社とリバネス社、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとコラボしたWeb of Scienceの紹介動画を公開 | カレントアウェアネス・ポータル

【2014/07/31 00:23】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
その専門用語は相手に正しく伝わっている?
専門用語、便利ですよね。
伝えたい概念を正確かつ簡潔に表現できるから。


…でもその言葉で、言いたいことをちゃんと相手に伝えられてるでしょうか?

すこしでも業界が違うとまったく通用しない場合も


tube.jpg

手元にある素材を加工してもらう時の話。
壊れやすい素材のため、梱包して送ることになっていました。


電話にて

先方 :梱包形態は?
Az(私):えーっと、チューブで保護して送りますね
先方 :…???了解です。


やり取りを聞いていた先輩より

先輩:Az、それは相手に通じないよ?
   チューブというとホースのような
   ぐにゃぐにゃ曲がるものを想像されるよ?
   そういう場合は、「スティック」と言わないと。


私は試験管(Tube)のような意味で「チューブ」と言いました。
実際この素材を仕入れた時は、「チューブ入り」と記載されていたためです。
そのため、この言葉は(業界では)一般的に通じると思い込んでいました。


こちらが送る側だったため、特に問題はありませんでしたが
相手から送ってもらう側だった場合
内容物が破損してしまったかもしれません。。。


人によって表現方法も違う


紙の資料を渡されて
  これスキャンしておいて
  ハードコピー頂戴
  電子(デジタル)データでほしい
  PDFにして
  控えのファイルをメールして

とお願いされることがよくあります。


…何のことかわかりますか?これすべて
「紙の資料をスキャナで取り込んで、PCで見ることができるファイル形式(たいていPDF)にしてほしい」
って意味です。

依頼主によって独自の言い回しがあったりして
初めのころは色々戸惑いました。


でも、少し慣れてきたときにうっかり相手に
「この資料を電子ファイルにして送ってもらえますか?」と尋ねてしまい
「ごめんなさい、この資料は紙でしかないです…
電子ファイルってどうやって作りますか?難しそう(´・ω・`)」
とお返事をいただいたことがあります。


慌てて「あ、FAXとかコピーしたものを郵送していただくとかで構いません!」
とお願いしなおしたことが。


依頼相手が必ずしもパソコンの前にいるとは限らないですし
”スキャナで取り込み”という作業も、心理的・物理的に負担に感じる場合もあります。
もっと相手のことを考えてお話ができるようになりたいなぁと思いました。


概念をきっちり表すために専門用語はありますが
身内や同じ業界以外の方と話す時は
ちゃんと伝わっているかを確認した方が良いですね。


一番最初の例だと
「チューブ、あ、筒状のものに入れて保護して送ります!」
のような感じで。
【2014/07/22 07:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
明らかに検索ノイズが多そうな時に取る対策は?
キーワードを組み合わせて出てくる検索結果には
不必要な情報(検索ノイズ)がたくさん出てくることもあります。


特にネットは、検索対象のページが膨大なため
キーワードの組み合わせによっては、自分が本当に知りたい結果が
埋もれてしまうことも。


そんな時に、ちょっとでもノイズを減らすために
こんな方法はどうでしょうか。
もっといい方法があれば、ぜひぜひ教えてくださいっ!



■◇■ちゅうい■◇■
今回はちょっぴりキーワードが猥褻だよっ(はぁと)
それでもオッケーな方だけどーぞ↓



危険な香りがするキーワードw


先日の「専門用語の略称をググった結果 #検索あるある」に
書いたような事案がまた発生(笑)


今回のミッションは

(電子部品の)小型「振動モーター」について、条件に合うものを広く調べたい
入手できるなら海外からでも構わない


です。


聞いた瞬間に、私の中のエロセンサーが反応。
これって検索結果がヤバいことになるんじゃないの?


なぜ?

 1)”(小型)振動モーター” というキーワード
 2)海外(=大体英語圏を対象とする)=英語で探す
 3)幅広く=検索もれを少なく

だからです。


”振動モーター”の英語表記としては

 vibraton motor
 vibrating motor
 vibrator

などが多く使われることが検索していくうちに分かってきました。


加えて、「振動モーター」だけでは、工場で使われるような
大型の製品もヒットすることがわかりました。


そこで、”小型”で絞ることにしました。
その場合は

 mini
 small

を入れたら良さそうでした。


…ハイ、私と同じ「紳士」の皆様なら察しがつきますね?


このキーワードの組み合わせを検索したら
アダルトサイトが引っ掛かるにきまってる!!!
下手したらアダルトなページばっかりになる可能性も!


比較的に望みのものが出る可能性のある
「vibration mortor」という言葉だけなら、問題ないかもしれません。
(実際これはほとんど問題なかった)


ただ、今回は「幅広く知りたい」という条件付き。
となるとvibratorなども調べておく必要があります。
…この単語だけにすると、もろにアダルトですよね。。。


さて、どうするか


対策1:検索語を追加する


たった3ステップで欲しいページが面白いほど見つかる方法|Searcher☆Searcher


の中にある

STEP3 「欲しいページ以外では使わない言葉」を抜き出す


の術を使います。


キーワードを追加することにより情報を絞り込む
やり方です。

んでもって、やってみた結果www
(部品の形状も見たいため、Googleセンセイの画像検索をメインにしました)

×逆効果


ダメ。余計エロサイトがヒットしてしまったw

vibrating motor electric mini
 → "電気の"と入れましたが、彼奴も電気で動くんだった

vibrator cell phone
 → 小さい=携帯用とかどうだろう、ってことでやってみましたがダメ
   そもそもvibratorをキーワードに選んじゃダメな気がしてきた。


結論:vibratorはノイズが大杉w


△あまり良くなかった


可もなく不可もなし。別にキーワード追加しなくてもよかった

vibration motor small
vibration motor tiny
 → 小さい とか 薄い という単語を入れてみましたが
   あまり変わらず。むしろちょっとエロサイトが入ってきた

結論:vibration motorが一番いいのかも


○いい感じ♪


検索漏れの可能性はあるが、結果のページはほぼ望み通り

vibrating motor SMD
SMD((Surface Mount Device=基板の表面実装する用の)という言葉を入れると
大きな振動モーターを外すことができた。
ただしvibratorと組み合わせると、モータとエロが交互に出てくるカオスな結果に。
(SMDがアダルト作品の商品番号か何かになってたため)


ほかにも
vibrating motor 3mm
など、大きさを適当に入れてみると結構いい感じにヒットしました。


結論:製品の具体的な大きさや特徴を入れてみるといい
ただしvibratorは(キーワードとして)よくない。




対策2:業界向けのサイトで検索する


検索ノイズを少なく、かつ取りこぼしも少なく!
となると

専門の情報が集まっているサイトで調べる


ことが有効です。
ここだと間違っても「ぁーん(はぁと)」なページはヒットしません(笑)
実際安心。職場でも同僚に見られてもダイジョブ♪


今回はエレクトロニクス業界の話題(特に電子部品関連)を
専門に扱うサイトをいくつか見ることで、手がかりとなる

 ・取り扱っている企業
 ・製品型番やシリーズ名

を見つけることができました。


企業名や製品名などがわかれば、「検索しにくい単語を探す」で
使ったワザと同じことができます。

検索しにくい名称の情報をたくさん探すコツ!|Searcher☆Searcher


・アーティスト名ではなく楽曲名で調べる

 → 企業名と組み合わせて検索対象を絞る

・メンバー名で検索する

 → 振動モーターという一般名詞ではなく、より具体的な製品名で調べる


こんな感じで。


先入観はよくないですが、明らかにノイズが多そうな
検索をする時によかったら試してみてください。



検索はやっぱり面白いと思いました。


エロといえば、先日の「検索あるある」ではないですが
またすごいキーワードを発見してしまいました!!!


違った意味でのパワーワード!


この言葉で検索すると…


ウェブ(文字列)検索 → 普通に技術的ページがヒットする
画像検索  → トンデモページ!!!!
動画検索  → カッコいい動画


ギャップがものすごい。
ちなみにウェブと画像と動画でもまったく別のジャンルが
結果の上位に来ている。


今回の検索も、画像を見て判断したいところがあったため
画像検索をしたのですが、検索結果が出てきた瞬間速攻で閉じましたw
あれはいけない。


検索事例としてはとっても面白いんじゃないかな。
なんて言葉だったかは言わないよ(言えないよ)


またいらない知識が増えてしまったw


真剣に探しているときに、こういう
「同音異義語のせいでヘンな結果が出てきてしまう」と
くすっとしまいますね。


あー、検索ってホント楽しい♪

【2014/06/17 00:21】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
専門用語の略称をググった結果 #検索あるある
微妙なキーワード補正がかかって、ラブラブチュッチュな
ページがどっさり... (*ノдノ)


盛大に脱力。


お仕事中なんデスケド...



結果を見たら、なんとなくそっち方面の言いたいこと
も分かりました(笑)


あー、そういう嗜好もありますねー
一部界隈では流行ってるんですねー
(検索結果の上位から推察するに)



全く違う分野の言葉でも
字面が一緒だと検索結果に混在してくる。


そして、自分の知らない分野で
使われる方が多いことが判ったりする。


自分が求める結果だけを選ぶには?!


だから検索は奥深くて面白い☆



さ、今日も調べものガンバロ(・∀・)


とりあえず本日の用語は
人前で連呼しないようにしようっと(・ω<)



おまけ


職場や公共の場ではセーフサーチ機能をONにしておいた方がいいのかな?

検索もれが怖いので、あえてOFFにしてるんですが...
【2014/04/24 12:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
前ページ | ホーム | 次ページ