スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
真実って何だ?
いかに情報をうまく集めても、それがみーんなウソだったら意味がない。
情報は、何かを判断するために集めるものでもあるから、下手したらニセモノのせいで命を落とすかも。(極端ですけど)

なんとアメリカには政治広告や噂の真偽を検証するサイトがあるらしい。


FactCheck(ファクトチェック)
http://www.factcheck.org/

このサイトは
We are a nonpartisan, nonprofit, "consumer advocate" for voters that aims to reduce the level of deception and confusion in U.S. politics. We monitor the factual accuracy of what is said by major U.S. political players in the form of TV ads, debates, speeches, interviews, and news releases. Our goal is to apply the best practices of both journalism and scholarship, and to increase public knowledge and understanding.

とあるので、「政治に関する噂や話がどの程度信頼できるのかを監視し、正しい政治判断ができるようにする」を目的としていると思われます。(機械翻訳を読んだだけなので何ともいえませんが。。。)

どういった情報が掲載されているかは興味のあるところです。
判断基準なんかも興味のあるところ。




でもこのファクトチェックだって、いつ間違った報告をしているか分からない。
入手した情報の真偽を最終的に判断するのは「自分」
ってこと
なんですよね。。。

まだこのニュースについては、私の中でまだこのサイトや記事について解釈しきれていないので、ぜひこの記事の元となったwired newsの記事本文を読んでみてください!

政治広告や噂の真偽を検証するサイト『ファクトチェック』
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040922206.html

・・・私が今まで集めていた情報はみんな「本物」だったんだろうか(^^;;
【2005/05/13 20:55】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<失敗を活かす | ホーム | 知らない言葉に出会ったら・・・?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/7-6534bdb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
失敗学のすすめ
元技術者として、興味深くそして厳粛に受け止めていました。何故失敗は起きたのか、失敗の本質は何か、再発防止策は?失敗から学び、活用していくためには何が必要なのか本書で説明する。 映画や本を淡々と語る【2007/03/21 11:00】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。