スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
検索結果が見つからないときは、手がかりを(ちょっと)疑う
あくまで最終手段ですが、検索結果が0件の時は
依頼者からの手がかりを"疑って"見ることも必要かも


matome001.jpg


※ご注意:すべての分野で応用できるとは限りません。

私が担当している、ごくごく狭いケースでのみ
当てはまるのかもしれません。


ですが、どーしても見つからないときに
何か参考になれば、と思いまとめてみました。



疑う理由:検索結果が出ないわけがないから


「検索結果0件」はほとんどありえない。からです。

主な理由は以下の2点。


(1)依頼者は自分より業界に詳しい
私が主に担当している業界では、前提として
依頼者はエンジニア(=業界に詳しい専門家)が多いです。

その業界に関しては、私は太刀打ちできないくらい
熟知していらっしゃるケースがほとんどです。


(2)的外れな依頼はほぼない
そんな技術者からの調査には”思いつき”の依頼はほとんどなく

・前に使っていた(ような)
・どこかの雑誌やニュースで見た(ような)

など、記憶がおぼろげであっても
何らかの”根拠”があって、調査をかけてきます。


代行を依頼するのは
・調査の時間をとれない
・探すツールややり方に慣れていない

だけです。大体が(笑)



よって、(1)と(2)より
(見つからないのは)自分の検索方法が悪い

となります。


少なくとも

a)(今現在たまたま)在庫がない
b)生産中止になった
c)似たような機種がある
d)後継機に変更になった
e)名称や製造元が変わった



といった、「手がかりそのもの」はなくても何らかの結果が出るはず、です。



疑う箇所:手がかりの組み合わせ(キーワードを削る)


検索結果を絞り込むときは、

キーワードを組み合わせる

方法が一番手っ取り早くて一般的です。


結果が0件なので、その逆をやります。


手がかりをバラバラにして、それぞれから調べる

です。

具体的には、キーワードを削ります。


なぜバラすか:手がかりの1つが古くなっている可能性があるから


たとえば
A社の○○○999という、××用の製品を探して!


の場合は
 (1)A社(メーカー名)
 (2)○○○999(製品番号)
 (3)××用

の3つに手がかりを分解できます。


通常の検索式は

 (1) and (2) and (3)

の論理積にします。


が、検索結果が0件のときは

手がかり(1)~(3)のどれかの情報が古くなっていてヒットしない
ケースがほとんどです。

・メーカーが吸収合併、事業譲渡などにより変わってしまった
・製品体系が変わった(=型番などの名称が変わった)


場合があるため、(1)~(3)の手がかりの
いくつかを削って調べなおします。



探す手順:ネット → メールとか電話で問い合わせ


まずは、ネットの検索エンジンなどで
手がかりをいくつか削ったものでさくっと調べます。

会社名の変遷とか、製品の「昔の名前」などの
手がかりは、ネットのおかげでずいぶん見つけやすくなった気がします。
個人のブログや、専門情報を集めたサイトなどからも情報を拾ってくることが
できるようになったからです。


それでもダメなら、(手がかりとなった)メーカーに直接問い合わせしてみます。
ホームページなどで連絡先を調べてGO!

国内はもとより、海外メーカーでも割と迅速かつ丁寧に
教えてくださることが多いです。

ついでに、問い合わせ相手が「人」だと
ある程度あいまいな聞き方でも、相手が補って回答や協力を
してくださる場合が多いです。



言いたかったこと:結果が出なくても簡単にあきらめんなよ!


ぐだぐた書きましたが、

検索結果が0件はレアケース

という心持ちで調べものするといいんじゃないかなーと思います。


そうすれば、色んな角度から調べてみることができますし
次回以降の検索にも役立つはず!


ちょびっとだけ執念深く探せば何か見つかるかも!



ついでに相手がエンジニアさんの場合、
例え見つけられなくても、
「どこまで、どうやって調べたけどダメでした」
と、根拠をきちんと述べることができれば
新しいヒントをくださったり、納得してもらうことができます。



私もこの業界入りたてのときは
「ないですー(泣)」とぴーぴー言ってましたが


最近は”(検索結果が)ないわけがない!”という心構えから
「(難しいけど)ちょっとやってみますね」
と言えるようになりました。


必ず結果を出せる訳なんてもちろんないのですが
、、、ちょっと成長した、かなぁ?


もっともっと業界に詳しくなって
この人に頼めば大丈夫!って言われるくらいになりたいです。
【2015/02/10 01:42】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<検索に使うキーワードを選べることもポイントかなぁ | ホーム | 指示が適切であればド素人でもある程度代行できると思った話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/407-45234d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。