スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
検索結果がたくさん出てきてしまったら?(AND検索)
これから何回かに分けて、「検索エンジンを使いこなす!」と題して、ちょっと便利な方法をご紹介します。

あくまで1つ1つの方法をご紹介するだけなので、
これらをうまく組み合わせて、
自分好みの”お宝サイト”見つけちゃいましょう♪

先ずは超キホンから。

検索してみたんだけど、該当するページがいっぱいでてきて分かんない!
出てきた結果は、自分が探してるのと違~う!
なんてことありませんか???

そんなときは、

検索に使う言葉を出来るだけたくさん並べて検索をする!

を試してみてください。

これは、ちょっとかっこよく言うと
論理演算のAND検索を使う。
というワザです。



AND検索ってナニ?

AND.gif
検索するときに、「複数のキーワード全てを含むページ(結果)のみを出してね~」と指定することです。






例えば左の絵のように、Aというキーワードを含む結果(左側の円)と、Bというキーワードを含む結果(右側の円)があった場合に、AとBの両方を含む部分だけを持ってくるのが「AND検索」です。(図中のピンクの部分だけを結果として出す)

※モチロン両方のキーワードを含む結果がない場合があります。その場合、検索結果は0件になってしまいます。 ...orz



先ずは自分が探したいページに載っていそうな言葉を思いつく限り想像してみてください。

アイスクリーム、新製品、発売、オススメ、比較....etc

次にその言葉を検索ボックスに入れます。
入れるときに、AND検索をやってねーという意味を込めて並べて見ましょう。

その方法は

  • キーワードの間を半角スペース(※1)で区切る

  • キーワードの間にAND(※2)という文字を入れる


  • どちらかのやり方で試してみてください。
    そうすると、入力したキーワード全てを含む結果のみを出すことができます。

    ※1 大体は全角スペースでもオッケイのようです。
    ※2 検索サイトによっては「*(アスタリスク)」を使うこともあります。
       → AND検索の入力方法の詳細は、それぞれの検索エンジンのページのヘルプをご覧クダサイ♪


    どうです。カンタンでしょ?
    あまりキーワードを入れすぎると結果が0件になってしまうこともあるので、その辺は言葉をいくつか選んで試してみてください!大体3語くらい入れると、ずいぶん結果が絞られてきますよ~。

    ぜひ試してみてクダサイっ☆
    【2005/06/25 13:55】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
    <<もれなく検索するには(OR検索) | ホーム | 【はてな】回答が出ました~>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/38-8b909a69
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。