スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
Lesson 1.5 検索語の並びについて(Word order matters)後編~認識する記号・しない記号~

Googleでは一部の記号や特殊文字を検索語として認識してる!


検索語の入力についての講義の後半部分です。

前半はこちら
Lesson 1.5 検索語の並びについて(Word order matters) 前編


後半部分で注目すべきは、
Google検索で、一部の記号や特殊文字を検索キーワードとして扱える
ということです。


だいぶ昔に書いた記事
 → 【はてな】Googleで記号(特殊文字)を検索するには?|Searcher☆Searcher

の中で「Google検索では記号が認識しないんだよね。。。」と書いて
たくさんブクマいただいていましたが、
だんだんと記号を含んだ検索ができるようになってきたみたいです。


Google検索で認識する記号・しない記号


認識する記号


(1)通貨を表す$
ただし「$100」とドルマークと数値はくっつけて検索が必要。
これにより、特定の価格を含んだ検索をする事ができるようになりました。

※但し現時点では$の通貨記号のみ!

※ちなみに「50ドル~100ドルの間の価格で」といった
数値の幅を持たせた検索も可能。

その場合は

  $50..$100

と数値の間に「.(ピリオド)」を2個、スペースを開けずに入れます。

演算子とその他の検索ヘルプ - ウェブ検索 ヘルプ
のページの下段「数値範囲を検索する」も参照してみてください。


(2)ハッシュタグやプログラムなどで使う#
「#google」など。これも#と文字を続けて検索が必要。

※Twitterの特定ハッシュタグだけを調べるときは、この記事の最後にある
「※Twitterのつぶやき検索をしたいなら」もご覧下さい。


(3)ある単語の一部となる+
 → プログラミング言語の「C++」やSNSの「Google+」など
+という記号を含んだ単語で一般に良く知られたものが対象のようです。

以下テキストより

A plus sign (+) does not mean “and,”nor does it force inclusion of a word.

Google can search for certain plus signs after a word (e.x., C++ and Google+).
A plus sign before a search term, used as an operator, looks for a Google+ Page by that name.


詳しくはこちらのヘルプもご覧下さい。
検索での句読点と記号の使用 - ウェブ検索 ヘルプ


講義では触れられていませんでしたが、上記のヘルプを見ると、
@(アットマーク)や&、-(ハイフン)、_(アンダースコア)で
つないでいる単語もサポートするようになったみたいですね☆

コスメ・美容の総合サイト@cosme(アットコスメ)
米国電話会社のAT&T、以前は検索に苦戦してた
アイドルグループの「℃-ute」に関する情報などもこれで探しやすくなりますね♪

 → 検索しにくい名称の情報をたくさん探すコツ!|Searcher☆Searcher


認識しない記号


反対に認識されないのは

(1)ドル以外の通貨記号
£, EUR(ユーロ),¥ など。でも、今後順次対応していくんじゃないでしょうか?

(2)文書内で章や区切りを表す記号
¶,§, など

(3)著作権を表す(C)や商標の(R)マークなど
でも(C)などと入れようとすると、オートコンプリートに
括弧つきの記号が出てくる。これはある程度考慮されてるんですかね?!

(4)算術記号
÷, %など

(5)括弧
()など


おまけ:Twitterのつぶやき検索をしたいなら


さて、一見「#」と組み合わせたハッシュタグをキーワードとして認識
=Twitterの特定のつぶやきだけを引っ張れるんじゃね?!と
思うかもしれませんが、実際ググってみると
Twitter以外の記事が多数ヒットすると思います。

ちょっと前まではGoogleでもTwitterのつぶやきが検索できましたが
現在は出来ない?模様↓なのが原因と考えられます。

Googleリアルタイム検索が消えている - ITmedia ニュース


もちろん「#単語」でもヒットしますが
ツイッターのつぶやきだけ(ハッシュタグだけ)をさくっと検索したい場合は

Yahoo!検索(リアルタイム)

NAVER リアルタイム検索


など、他のサービスを使うといいかも。

両方とも「#タグ名」で、特定のハッシュタグがあるツイートのみを検索できます。

もちろんTwitterのウェブやアプリで直接検索しちゃうのもアリ。

ただ、PCの前にいるときは、ブラウザから上記2サービスを使った方が
サクサク結果を入手できるような気がします。感覚的に。

良かったらお試しください。


いやー、この回は内容が濃かった!
【2012/07/31 19:21】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<Power Searching with Google 受講中! | ホーム | Lesson 1.5 検索語の並びについて(Word order matters) 前編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/375-dc44ea88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。