スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
サーチャーの会「みんなで持ち寄るインターネット情報源」に参加!
第76回 サーチャーの会定例会に参加しました!
テーマは「みんなで持ち寄るインターネット情報源」。

自分達が当たり前に使っているサイトを持ち寄ってさらにブラッシュアップしましょう、という趣旨(多分)。
企業内でサーチャーをしている方、データーベースやシステムを提供している方、特許部門で働く方など、情報の提供者から利用者まで様々な立場の方が参加されていました。

もちろんDIMEの特集でインタビューを受けていた方も。
なんと卒論で論文を散々引用させていただきましたー、な方とご一緒できるという私にとっては嬉しいオマケ付♪でした☆

以下長いですが、会の様子と話に出てきた情報源をつらつらっと並べてみました。
私が紹介したサイトなんかは長いので別記事にしました。


自分のオススメサイトなどを紹介しあったよ


4,5人が1つのテーブルで、そのテーブルのお題について自由にディスカッションという感じ。
30分くらいを一区切りとして3回転。
集団お見合いパーティーってあんな感じですかね?

テーブルには模造紙があって、めいめい自分のオススメサイトや検索の際のテクニック、困っていること(こんなサイトない?)などを書きあって行きました。

テーブルを移動したら、前のグループが書き込んだ内容や質問をみて、またそれについて話をしたり、オススメサイトを書き込んだり、という形をとっていました。

ちなみに、ココで書き込まれたサイトのURLは後でまとめられて公開(会員限定?)されるとの事なので、そちらも楽しみ♪
参加しなかったテーブルのサイトなんかも興味津々なので。



テーマが拡散気味、でも得る話が多かった


"インターネット"という、とっても大きな区切りがテーマだったため、話題があちこちに飛びがちだったかな、という感じがしました。
でも、あ、そういえば、、、という感じで次から次へと話が尽きず面白かったです。

話に夢中であまりメモを取れませんでしたが、覚えていること・紹介されたサイトを箇条書きしてみます。


・仕事でよく使うサイトは自分でページを作ってしまってそこから検索をスタートする
・インターネット上の情報源は大きく2つに分けられるのではないか
 (1)直接回答を導くサイト→特定の文献・商品が探せるサイトなど
 (2)どこを調べたらよいかを教えてくれるサイト→ ReaD研究開発支援総合ディレクトリなど

・ネット上の情報(の信頼性)は"誰が言ったか"重要になっている
(何人かが言っていないと信用できない気がする)

・検索エンジンが普及したため、キーワードを入力すると何かしらの情報にたどり着けるようになった。情報を見つけ出すスキルよりも取捨選択するスキルが大切である


話題に上ったサイト



改定 特許実務用語和英辞典 電子版
特技懇(=特許庁技術懇話会)のサイト内にあるページ
特許の明細書や法的な文章に書く際の英語の表現が分かる。

パトロ・インフォメーション - 用語集・辞書
特許調査などを専門に行う会社が公開している用語集。これも明細書や法的な文書にありがちな言い回しなどが紹介されている。

PATENT SCOPE
WIPOこと世界知的所有権機関の提供しているWIPO GOLDというサービスの1つ。
PCTからEPO(欧州特許)、韓国、南アフリカ、中南米など数十カ国くらいの特許を横断検索可能?

特定のキーワードに関する特許がどの国で多く出されているか、といった統計情報みたいなのも入手可能。

過去の為替のクロスレートが調べられるサイト
サイト名は出ていなかったが多分コレだと思う↓
Pacific Exchange Rate Service - Database Retrieval System
マイナーな通貨の過去のクロスレートも日付を決めうちで調べることができる。

ReaD研究開発支援総合ディレクトリ
研究者や先生に関する論文や特許、研究者HPなどの情報源が一覧できるサイト。
ただし情報が古いときがある


リサーチ・ナビ
国立国会図書館のサイト。どこから調べ始めるか、といったときに使用する。



皆さんの話を伺っていて、特定の情報源(有料DB含む)を使いこなしているなぁという印象を受けました。
「○○(という情報源)は~」という話がでると、他の方が「あぁアレね」という感じで話が膨らんでいて、すごいなぁと思いました。

やみくもに調べるのではなくて、優良な情報源を選んで調べる。
困ったらとりあえずGoogle先生、という私は見習わなければ!と思いました。


"あのサイトは宣伝ばっかりでダメ"とかいうプロのサーチャーの裏話もきけちゃったりして。
とても得るものが多かったです!


関連ページ
2010/09/08 「サーチのプロ集団」が伝授「検索」のスゴ技(DIME (ダイム) 2010年 9/21号)|Searcher☆Searcher
ネット検索をする上で便利なサイト、検索のコツなどがコンパクトにまとまっています。
【2011/02/16 01:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<絞込み検索機能は過信しすぎない! | ホーム | 英語のゲームで詰まったとき:攻略方法を探すには?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/346-00aeb5b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。