スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
製品についているコードなどから同業他社を調べる
ある製品と同種のものを開発している/作っているライバル会社を調べたいときの手段の一つ。

その製品がある種の規格や基準に合格していないと販売できないものだった場合は、ぜひ試してみてください。


情報が出づらい小さな企業まで分かる!


まずは、製品についているマークやコードをチェック。
例えばおもちゃの場合は、玩具安全(ST)マークがついていることが。

マークのルールはこんな感じ↓
玩具安全(ST)マークの表示方法について

先頭の7 or 9ケタがメーカーコードを表しています。

注:STマークはあくまでも一例です。
STマークを使って同業他社一覧が検索できるわけではありません。
(分かりづらいたとえですみません。。。)


このように、製品によっては、業界の基準をクリアしたものにつけられるマークやコードが付与されていることがあります。


んでもってこのコードが、特許のように、この記号を含むと○○に関する製品!と分かるコードがあります。


そして、コードやマークを付与している国や団体のサイトで、どんな業者にそのコードやマークを付与しているか一覧を公開していることがあるんです。
さらに検索なんかもできちゃうところも!!!

これで、同種の製品を作っている会社のリストがカンタンにできちゃったりします♪


今までご紹介してきた、展示会の出展者から探す方法などと違い、よりピンポイントで同種の製品を作っている会社を探すことができます。
なかなか普段新聞などのニュースに載らない小さな会社も調べられちゃうかも。


弱点は最新の情報ではないこと、かな?


ただ、こういった情報は何ヶ月かに1回更新される場合があります。
そうすると、最新のライバル企業情報がヒットせず、数ヶ月たってから分かる!ということも。

こういうのはやっぱり口コミ、というか業界がする情報交換の方が早いかも。


手段の一つとして使ってみてください。
【2010/07/05 08:18】 | 05企業・団体 | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<道に迷ったら自動販売機を探せ?! | ホーム | 電子書籍の良いところ/悪いところ(私の場合)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/331-f7c6f2d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。