知的財産管理技能士フォローアップ研修参加してきたよ!(2010/2/27)
brand_text.jpg募集があってから、毎回即効で満席になるフォローアップ研修。
今回は募集開始日に応募してやっと受講できました♪

【120310】JIIIフォローアップ研修(2010年2月27日実施)-知的財産教育協会

■研修テーマ : 「ブランドと商標制度の概要」

■感想を一言で:
種苗法面白いね!!!



■当日の大体のスケジュール
10:00-13:00 法律の基礎(条文の読み方ルールなど)
14:00-15:40 グループディスカッション+発表(会津のかおり事件)
15:40-17:00 やっと商標の話www(新しいタイプの商標、DL違法化などについて)
       質疑応答
17:00-    アンケート&修了証書交付


講師は専修大学法科大学院の久保次三先生
28年間日産自動車で知的財産部にご勤務だったそう。


講義中も当時の話がたくさん出ていて
「○○企業の人いませんよね?実は~」みたいな話がたくさん出て面白かった!
大学教授で、法律専門ときたらお堅い口調かな?と思いきやそんなことはなく
6時間!あったのにちっとも眠くなりませんでしたよ。


写真のようなテキストに加えて、24ページにもわたるパワポ資料etcも。
ディスカッションでは、まだ業界でも見解の分かれる「会津のかおり事件」を取り上げて、自分達も参加できる内容でした!

別記事に起こそうと思いますが、これも参加者の方々のいろんな意見が聞けて興味深かったです。


特に私は法律を専門に勉強していなかったので、午前中の法令基礎用語についての講義が良かったです。

「その他の~」と「その他~」の違いとか、2つ以上の項目をandで結ぶとき、orで並べるときに使う用語が決まっている、などがすごく勉強になりました。
数式みたいに覚えて、図式化すれば意外と分かりやすくできるんですね。
・・・ちょっと法律スキになったかもしれない。


検索好きとして、一番の収穫はココかな

商標調査には、種苗法と会社法にもチェックを!


商標・・・他と紛らわしいもの、一般名称は登録不可!

なので、商標をとる前に名称が他で使われていないかチェックする必要があるのですが、特許庁の商標DBを調べるのに加えて、以下の部分も調べておきましょう。

農水省の種苗につけられた「登録品種の名称」



種苗法・・・種苗を登録するときにそれに「登録品種の名称」をつけないといけない。
「登録品種の名称」=一般に普通名称化する(一般用語となる)
※ちなみにこの名称は登録を受けた本人でも商標登録を取得できないよ。


会社の商号


こっちと紛らわしいものも登録できないよ。

あとは、ある名称が地域限定でしか有名でなかったとしても、商標を取得できない可能性が。


brand_aword.jpg

講義の最後にはこーんな修了書まで♪
持ってて何になる、ってわけじゃないですけどね。


資格は、取って終わり、というところが多いのですが、IP技能士(というらしいよ)はこういうフォローアップ研修の機会があるので、取ってよかった!と思います。
私の場合は相当ラクチンな方法で合格しちゃいましたけど・・・

これからも勉強するぞ、と。
【2010/03/02 07:28】 | 知的財産管理技能士 | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<ジャンルに特化したQ&Aサイトまとめ【人力検索】 | ホーム | 第7回 ARGカフェ&ARGフェスト 参加してきたよ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/323-d619ac0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |