スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
Webで見つからなくても聞いてみよう!
つい最近の失敗談。
依頼者に良回答を頂いてしまいました…
今後のためにメモメモ。

教訓:Webで調べて見つからなくても、問い合せしてみる

依頼内容:
商品Xを◯◯個、1ヵ月以内に何としても調達したい。
安価に越したことはないが、揃わないのは問題外。

調査方針:
製造元は直接販売をしていないため、以前にも買ったことがあるA社をあたる。
なければ次に安く買えるWebサイトで。


調査過程:
以前にも買ったことがあるA社は在庫がなく、入手に3ヵ月かかるそう。

以下を調べる。
・送料と日数はかかるが単価が安い海外のサイトB
 → 在庫なし
・単価はそこここで、送料なしの国内サイトC
 → 数が全然足りない。
・単価は高いが納期が超っ速なサイトD
 → 数が全然足りない。
・商品Xを扱う代理店E
 → 在庫切れ。次回入荷は2ヶ月後。

ここまで来ると商社や問屋の在庫が一時的に切れていると考えられる。
そのため、流通品から探してくれる会社の利用を検討。
品切れや廃盤でも、入手出来る可能性はあるが、単価が倍以上に跳ね上がることも。
・F店、G社に依頼。
 → F店は海外から、G社は国内から入手可能とのこと

単価と納期を考慮してF店の利用を検討。

以上を依頼者である先輩に報告。

私:先輩~これこれなので、商品Xの予算が倍以上になりそうなんですが…
先輩:ネットで製品名入れて調べた?
私:はい。
先:複数の検索エンジンでやった?
私:うっ…はい。
(直後に調べましたが、ホントになかった)
先:解った。ちょい待って。

~ 一時間後 ~

先:商品X◯◯個、サイトDにあるじゃん。単価もアンタが出したより安く行けるよ。
私:えっ?
先:えっ?

そもそも在庫が全然だったはず…
しかも単価は、私がサイトDで調べたときより安い…



種明かしをすると、先輩はサイトDのお客さま窓口に電話で問い合わせたそうです。

そのサイトはWebに掲載していない在庫を持っていたらしい。
"(探してた)個数が多いから(余り付き合いがなくても)何とかなるかなって"とは先輩談。

サイトB,Cは私も問い合わせしましたが、何れも品薄。
先入観で深く調べ切れていませんでした…


いくら急いでいたとは言え、Web検索もGoogleセンセイのみでしたし・・・
こんなこと書いてたくせにねぇ。恥ずかしっ!


とにかく先輩、よけいなお仕事増やしてすみませんでした!
すーぱーさーちゃー目指してさらに精進します!
【2009/12/18 07:04】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<大学、企業、銀行などの郵便番号を調べるには | ホーム | 酒井さんの「ビジネス分解能向上!勉強会」行って来たよ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/316-73ed16a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。