検索のコツはあきらめないこと
ただし、時間的余裕のある調べものに限る。
リミットのある調査でこれをやったら怒られます(笑)


待てば海路の日和あり


”あきらめない”といっても、その時にムキになって探すのではなくて、「少し寝かせてみる」ところがポイントかと。

・・・意外に後から”いい資料”が発行されたりすることがあるんです。
以前に紹介した過去の番組表が1冊にまとまった”ザ・テレビ欄”シリーズとか。
国会図書館の調べ物ガイダンスでも、”探しているテーマのまとめ資料がどこかにないか?をまず調べる”といっていましたし。


探してみて、どーしてもダメそうなら、一旦調査を終了。
ただし検索テーマは忘れない程度に頭の隅においておく。

数ヵ月後、あるいは数年後にふらっと同じ検索をすると、カンタンに見つかっちゃたりとか、当時よりももっとよい技術が出ていて、すんなり解決できることがあります。

失せモノは、探していないときに出てくるのと同じ感覚かも。
良かったら試してみてくださいね!


私的に上手くいった例


おまけで、私が”諦めないで”(というより半ば放置して?)上手くいった、最近の探し物ベスト3をご紹介~

1.ムンクの”叫び”キーホルダー
初めて見つけた時に大盛り上がりして、その後彼女が「アレ買っとけばよかった~」とつぶやいたのを聞いて、いつかプレゼントしたい!と思っていたもの。
別の機会にお店に行ったら、すでに製造中止になった品だとか。ネットショップにも在庫ナシ。

ところが3年くらい後に同じお店に行ったらなんと入庫してた!
当然購入。今は彼女とお揃いでつけてます♪


2.10年くらい前に探してた曲
ラジオで流れていて、とても気に入っていたのですが、収録されているアルバムが2枚か3枚のコンピレーションアルバム。
当時は1曲のためにそこまでお金出せない!と思っていたので購入を断念。

つい最近iTunesで発売されていることを確認。しかもその1曲だけを購入することが可能!
もちろんポチりましたとも。
当時を思い出して苦笑いしちゃったり。


3.レンタル(しかもVHS)でしか見られなかった映画
モンティ・パイソンの映画で唯一DVD化されていなかったライフ・オブ・ブライアン
問題な描写(宗教的にマズイ、メンバーが素っ裸になるetc)があったことから、公開当時も物議をかもしていました。

日本ではビデオ(当時はOKだった?)しか発売されていなく、しかも吹き替え版(カットされたシーンだけ英語が入る)のみ。もうレンタルショップで借りてみるしかない、と言われていた”幻の作品”。

10年くらいを経てついにDVD化!しかも字幕も葺き替えも楽しめる!
これは嬉しかった。いやー長生きするもんですね。


ささやかですけどね。
(全部モノじゃん!っていう突っ込みはナシの方向で…)


みなさんの探し物も無事に見つかりますように!
【2009/09/20 10:34】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<図書館が教えてくれた発想法【書籍紹介】 | ホーム | fonの設定やってみた(LA FONERA2.0)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/305-306a2cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |