スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
情報調査力のプロフェッショナル(書籍紹介)
情報調査力のプロフェッショナル―ビジネスの質を高める「調べる力」ビジネス用途の調べ物をするときのプロセスや得られた情報に対する解釈の仕方が分かる本。
ただし、レファレンスツールや情報源のリストとしては不向きです。
巻末索引や、本文内で紹介されている各種ツールのURLや書誌情報がないからです。
そこだけが惜しい。あのダイヤモンド社から出版されているってのに。。。

統計データや統計レポートの扱い方について、小ネタやノウハウが紹介されているので、司書の方も一度目を通しておくと面白いかもしれません。
”(ビジネスにおいて)どこまで調べたらよいか”の勘所が分かる、、、かも。


ビジネスで必要な情報ニーズは大きく8パターン4テーマにまとめられるとのこと。
それぞれのテーマについて、事例をとおして紹介されています。



情報調査ツールのリストとして使える書籍など


同書では、主に「調べ物におけるプロセスと考え方」を紹介しており、あまり「ツール」の紹介に重きがおかれていません。
手っ取り早く、こういう時にはコレを使え!見たいなのが知りたければ、以下を使うとよいかもしれません。

国立国会図書館 テーマ別調べ方案内
事例ごと、業界ごとの調べ方が載っています。特に、業界動向会社情報の調べ方などが充実しています。


事例で読むビジネス情報の探し方ガイド―東京都立中央図書館の実践から
こちらも事例にそった情報の探し方が紹介されています。

情報と文献の探索
一般の図書館の司書さんなんかが見る本。百科事典から人文・歴史まで、あらゆる調べ物に対して、幅広く紹介されている。ただし、情報源として古い可能性あり。

チャート式情報アクセスガイド
インターネットの情報源なんかもそろっている

【2009/05/05 18:13】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<図書館員のためのGoogleを活用する50のヒント(11→13) | ホーム | YouTubeの動画から楽曲が買える「 Click-To-Buy 」が便利な件>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/289-79b0cb99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。