雑誌か本、片方しか買えないとしたら?(資料入手の優先度)
今月毎月お金がピンチ!でも、どーしても欲しい本と雑誌があるの。
どっちを先に買ったらいいの??

…両方買えばいいじゃない、ってのはナシ!
今回はそんなリッチな方には不要の記事です。


新聞 > 雑誌 > 本 の順で入手しよう!


はい、本と雑誌だったら、雑誌を先に入手することをお勧めします!
理由は、雑誌の方が後からの入手が困難だからです。
雑誌の方が値段が安い、ってのもありますが。

雑誌のバックナンバーは出版社によっては、購入できるのもありますが、月日がたつごとに入手が難しくなってきます。

学術論文なら、大学・研究機関や著者本人があったり、DBも充実しているケースがあるのでまだOKですが、一般書店で売っている雑誌のほうが意外と入手が困難。

本の場合は、Amazonをはじめとするネットショップがかなり充実しているので、数年前の本なら、ちょっと探せば、まだまだ入手可能です。


同じ理屈で言うと、雑誌より新聞の方が、新聞よりスポーツ新聞の方が出回っている期間が短い。
よって、購入の優先度は

スポーツ新聞 > 一般紙 > 雑誌(週月年) > 書籍

となります。


ちなみに過去の雑誌を読みたい!と思ったときは、だいたい以下のルートで探すかな?
もちろん下に行くほど手間がかかる

 1)バックナンバー購入
 2)近くの図書館で所蔵していないか探す
 3)県立図書館、大学図書館
 4)大宅壮一文庫
 5)国会図書館
 6)古本屋やオークションで(ダメ元で探す)



資料入手の優先度


っちゅーことで、ネットじゃない情報媒体の入手優先度は、だいたいこんな感じ?
ツッコミ大歓迎です。

(1)フリーペーパー、チラシの類 ← 後からの入手がほぼ困難
(2)同人誌とか ← 有名どこじゃないとむずい?
(3)釣り、競馬などの新聞 ← 入手できる店舗も限られているしバックナンバーも難しそう
(4)スポーツ新聞 ← 午後に入って翌朝には消える
(5)業界新聞 ← 購読しているところが限られている
(6)地方新聞 ← その地方に行かないと入手できないかも?
(7)雑誌
(8)全国紙 ← 縮刷版など利用できる
(9)書籍


昔入手しにくい資料として「グレイリテラチャー(灰色文献)」というのがあるのを知りましたが、その中の政府刊行物は今ネットでも入手可能なんじゃないかと思ったり。


ま、でも”思い立ったが吉日”とも言いますし、資料入手の優先度はあくまでご参考に。

【2008/07/13 10:48】 | 情報収集のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<たった3ステップで欲しいページが面白いほど見つかる方法 | ホーム | 検索結果に表示される機種依存文字や特殊記号って?(実験中!)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/271-3a39b827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |