スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
あのポータルサイトが使っている検索エンジンは何?
サーチャーの会ブログで、検索エンジン相関図2006年1月15日暫定版が公開されたという記事を見つけました。
(というかこっそりオープンしてたのね、ブログ)


検索エンジン相関図 2006年1月15日版 :: SEM リサーチ


大手のポータルサイトが提供している検索機能が、どの会社の検索エンジンを使っているかが分かります。

この結果は2通りの利用方法が考えられそうです。

1.サイト管理者としては
見てほしい人に来てもらいやすくすために、ポータルサイトではどの検索エンジンが使用されているかを知る。
=SEO対策の力のいれどころを考える。

2.調査する側としては
「どのサイトを調べればほぼOKか」を知る。
=検索エンジンによって調査結果が変わるので、どことどこを調べたら抜けの少ない検索ができるかが分かる。



んで、気になる相関図ですが↓
(とーぜん上記の記事の相関図が一番分かりやすい!)


ロボット型(機械的に集めてくるアレ)
Google先生強し!
朝日新聞(asahi.com)と日経新聞系(NIKKEI NET)でYahooの検索エンジンを使っていたのにはへぇ~。

あとディズニーのサイトがAsk.jpを使っていたのにはびっくり。

ほとんどGoogleとYahooの2つに絞られそうですね。
ってことは、

ネットで日本のウェブを検索するときはGoogleとYahooを使えば、大体ウェブで調べられることは網羅できる!、、、かなぁ?

※モチロン更新頻度の高いブログの記事は↑の検索エンジンに反映されるのが遅いので、別途ブログ検索エンジンを使った調査はやっておいたほうがベターですね。

逆にココで見つかりにくかったら、もう他の検索手段(有料DBとか書籍とか)を試したほうが手っ取り早そうです。


ディレクトリ型(サイトを階層に分けて分類したもの)

こちらはまだ抜きん出たところはなさそうな気が。。。
ディレクトリは人力で収集&分類しているところがあるから
”選ばれた情報”が大きな魅力。

未知の分野を知る光明(おおげさ?)になるので
どの会社にも頑張ってほしいです!!


あと検索連動型広告とかありましたが、最近アフィリエイとなどでもうお腹一杯気味なので省略。

ただし入力したキーワードと関連するキーワードや概念の結果を引っ張ってくる技術にはこれからも期待です!


来年以降の相関図には、ブログ検索とか地図検索、イメージ検索も入ってくるのかな?
【2006/01/14 11:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<海外で日本の新聞を読むには? | ホーム | 電車をお得に利用する方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/132-877a15a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。