スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加
今ホットな話題をキーワードにして!(TAGCloud)
時間がないの。
RSS化された情報だって多すぎる。
だから今日のニュースをキーワードにして教えて!

そーんな忙しいワガママな貴方にぴったりの
サイトはコレ!

TAGCloud
http://www.tagcloud.com/index.php

登録したRSSフィードの中から単語を切り出してくれます。
しかも、単語の頻度が多いほど、大きく・ハッキリ表示されます。
これで今話題のニュースの重要度も一目で分かりますね♪
(残念ながら日本語には対応していないようです)


検索キーワードのランキングでも確かに今流行っている話題が
分かりますが、どうしても一般的なものになりやすい。

その点TAGCloudなら自分の指定した分野のみから
単語の切り出し&重み付けを行ってくれるので便利便利。
しかもRSSフィードだから刻々と変わっていくことができます。

もちろんストップワード(出したくない単語)の設定も
出来るので、一般用語を除いていくと、結構面白いかも。

登録にはIDとパスワード、メルアド(任意)のみなんです!
(スパム厳禁!メアド売られちゃうらしいよw)


ということで試しに作ってみました(ストップワード設定なし)↓

http://www.tagcloud.com/cloud/html/world3NEWS/default/50
BBCとCNNとTHE WALL STREET JOURNALを選んでます。


RSSからキーワードを切り出しているので、状況は刻々
変わりますが、今の時点で「full story」などの言葉を除くと
こんな言葉がホットみたいです。

bird flu(鳥インフルエンザ)、hurricane(ハリケーン)
oil(石油)

※ニュース読んでなくても、これで知ったかぶりができるね


使い方

Cloud Name(この雲=単語を並べるフィールド、につける名前)
Discription(雲の簡単な説明)
を決めましょう。

それからFeedのところで、タグ化の元となるサイトのRSSを
入力していきましょう!複数指定ができるよっ☆


確かにTAGCloud便利なんですけど、
ここまで情報をスリム化してしまうと、
こんなことも起こりませんかね?

1.よく出る単語の誤った組みなおし

TAGCloudの単語一覧から、なんとなくもとの情報を想像できます。
でもその単語から間違った情報を再構成してしまったら・・・?

(例:世界的に疫病が流行った。予防するためにはA剤とB剤を
使う必要があるというニュースが取り上げられた。

”A剤とB剤は混ぜ合わせて使わないでください。” と。

このニュースはTAGCloudではこう見えてしまっていたら?


A剤  B剤  混ぜ合わせて
使わないで


2.単語を意図的に紛れ込ませる

とある人気のブログ。
いつもたくさんの人からトラックバックされている。

しかし、一見面白おかしい記事の中に特定のキーワードを
紛れ込ませていた。。。

TAGCloudで表示させると・・・?

○○  氏 ね

ぅわー、ヤダヤダ


ちょっと渡辺浩弐チックに考えてみた。
【2005/10/21 20:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加
<<ビジネスで図書館を使う | ホーム | 競合他社を調べるには?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://imuz.blog10.fc2.com/tb.php/102-1c431e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。